多肉狩りしました。多肉友と一緒は楽しすぎる

2021-07-05

先日多肉友達と一緒に多肉狩りをしました。

多肉友達といっても元々仕事関係での仲良しでイベントなど一緒に行く3人組。

最近多肉にハマりだした一人と、もう一人の時々多肉のこと話す友人と、まずは近場の多肉店巡りをすることになったのでした。

初めての多肉友達との多肉狩り

まずは今回狩った多肉植物がこちら↓。

2021年6月

多肉狩り

下の左から2個目、薄化粧と思われるポットは今回友達からもらったものです。
狩ったのは7ポットですね。


静岡県東部には残念ながら多肉専門店と言えるお店がないんです。

でも元々普通の園芸店だったけれど何年か前から多肉植物が大好きな店主さんが葉挿しなどで増やしながら仕入れや販売もしている、多肉メインの園芸店さん「待里香」さんがあります。

待里香さんとその近くの園芸店「中村園芸」さん、合わせて2件を回ってきました!


下の写真は待里香さんのエントランスでお迎えしてくれた多肉のリース。

多肉のリース

お店のインスタの写真で見た時はカラフルだったけど、すっかり夏顔になってますね。
でも可愛い。


外にあった葉挿しコーナー。さすが大量!

大量の葉挿し

今日の狩っ多肉紹介

では今回買った、多肉植物を一つずつ紹介しますね。

最初に行った中村園芸さんでは、持っているものの、なかなか増えてくれない「子持ち蓮華」を見つけました!
これは絶対買いです。

写真右がオロスタキス属「子持ち蓮華」です。

オロキタシス属

他にもオロスタキス属が一杯!

「玄海岩蓮華」「ピーチパーフェクト」も売り場に並んでいたので一緒にお迎えすることにしました。

今度こそは子持ち蓮華増えると良いな。
オロスタキスは日本の多肉なので気候に合っているはずだけど、なぜかうちでは育たず・・・。

※過去記事↓読んでね。

でも気難しくて案外難しいって、つい先日のインスタ(だったかな?)で書いてる人いたしね。
この機会にリベンジ!!

頑張って育ててみようと思います。


中村園芸さんではセンペルビウムも買いました。
センペルビウム属「ブラックミニ」

センベルビウム

センペルビウムは数種類持ってるけど名前のわからない子ばかりで、うちで初めての名前のあるセンペルです。

「ブラックミニ」はブラックとついてるけど紫に近い感じで紅葉するともっと濃い色になり美しいようです。
ランナーでたくさん子株がついてる~!嬉しい。


そして待里香さんでは今回、ハオルチアを2種、お迎えしました。

薔薇のようなハオルチア属「ラモサ」

ハオルチアラモサ

変わったハオルチアですね。初めてみました。

薔薇のようなロゼットがこれからどんな風に育つのか見てみたくて買い。
増えやすいみたいで楽しみです。


もう一つハオルチア。
特定の名前が書いてなかったけど多分「レツーサ」(の仲間)。

レツーサ

窓がキラキラしそうです。


そして待里香さんでもう一つ。
私にとって少し高かったけど、冬に色づくエケベリアが可愛くて好きなのでフンパツしました。

エケベリア属「ライムアンドチリ」

ライムアンドチリ

まだピンク色がこんなに残っています。きれいな色。
冬にはもっと色が濃くなるのかしらね?
2頭あるし、お得気分♪


この「薄化粧」と思われる子は今回友達からもらったものです。

薄化粧らしき多肉

時々多肉のこと話したり交換したりするのですが、今日も一ついただきました。
セダム属「薄化粧」だと思います。

紅葉すると優しいピンクに色づきます。
一つだけ持っているけど保険株が欲しかったので嬉しい♪


で、こちらは私からの二人へのささやかなお土産♪

2人の持っていない多肉の中から。
初心者でも育てやすい強くて可愛い子たちを5種、寄せ植え風に黒ポットでプレゼント。
根付き苗で、白ぼたん、秋麗(シュウレイ)、名月(メイゲツ)、ピンクプリティ、ブロンズ姫。

可愛がってもらえますように。


多肉狩りが誰かとできるって本当に幸せ。


大好きな多肉狩りがさらに楽しくなる。
この日が楽しみで楽しみで仕方なかった私です。

生涯を楽しめる多肉植物と出会えたことが幸せ。
その楽しみを分かち合える気の合う友達にも多肉事を心から楽しんでもらえたら本当に嬉しい。

そして、この記事を読んでくださる方がいることも幸せ。
読んでくださっているあなたにも感謝を伝えたいです。
本当にありがとうございます。

フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!
⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。