多肉ハウスを使いやすく!作業台にリメイクシート貼りました

多肉ハウスの作業台多肉ハウス

多肉ハウスを使いやすく!作業台にリメイクシート貼りました

今日もスッキリしない天気。

晴れ間のない長梅雨とコロナウィルス対策でストレスが溜まりまくり・・・。

でも多肉を見たり多肉作業をすると元気になれる私( @yutta_rich )です!

 

多肉ハウスを少しずつ整えていますが、現状のハウスはまだ屋根と壁だけ。

とりあえず多肉の植え替えやポット挿しなどの作業ができるように、作業台を置くことにしました。

作業台はもちろんDIYで!・・・と言いたいところですが、家のリフォームで使わなくなったテーブルがあるので、これを使います。

多肉小屋作業台

このテーブルは今までにゃんこのトイレを下に置いてキッチン奥で使っていたもの。

猫のトイレは、リフォームで「猫様トイレ置き場」としてクローゼットの下を空けて確保したので、このテーブルはもう不要なのです。

猫のトイレ置き場

※トイレの左の米袋は木質ペレット(猫砂の代わり)が入っています。

ただ、「茶色」の、このテーブル・・・。

このままではこのテーブルの上で多肉などの写真を撮った時に暗くなってしまいます。

天板だけでも白くしたいわ。

塗装にする?リメイクシートを貼る?

迷いましたが、以前玄関の靴箱をリメイクした時の壁紙シールが余っているので天板部分だけシールを貼ることに決めました。

(屋根があるとはいえこのテーブルは外で使うため脚部分に防腐対策もしたいので、脚には防腐剤の入った塗料を後日塗ることにします。)

 

今日のところはシールを貼って、とりあえずテーブルの上で多肉作業ができるようにしたいと思います!

ということで、天板にリメイクシールを貼っていきます。

この白い木目のシールは壁紙にもなるリメイクシートで、幅が狭目で使いやすいです。多少なら曲がっても貼り直しができます。

シューズボックスに貼って3年経っても、まったく剥がれていません。

使っているのは下の壁紙の「HWN-22316」ですが、今でも貼ったときの綺麗なままで、気に入っています。

 

テーブルの角が丸くなっているので切り込みを入れながら「まあるく」していきました。

(※このシートはドライヤーなどでのばして仕上げることも可能)

作業台にシートを貼る

今日は大雨で、時々雷を伴いながらどしゃ降りでしたが、屋根があるので作業が進みます。

なんとか完成です!

多肉ハウスの作業台

これで多肉の植え替えや寄せ植えなど、作業しやすくなりました。

タニパトする時やちょっとした作業で必要な道具をサッと取り出せるように、日々使う道具置き場を入れるものが欲しかったので、ボックスも買いました。

道具入れ

ダイソーで300円(フタ別売り100円)。

屋根がある場所とはいえ雨が吹き込む時もあるので、蓋つきのボックスにしています。

中にはハサミやオルトランなど、毎日サッと取り出したい小物を入れる予定です。

道具入れ

風通しを良くするためにこの多肉ハウスには戸を取り付けてないので、わんこのピノ(黒柴)を庭で遊ばせる時のためにゲージをつけてます。

多肉ハウスの中は、わんこの侵入が禁止なのです(笑)。

多肉ハウスのゲージ

多肉のお手入れをするための準備が少しずつ進んでいます。

梅雨が明けてカンカン照りの日を迎える前に、遮光もしたいわ~。

 

多肉のお世話に没頭できるにはもう少しかかりそう。

でも多肉ハウスをそれらしくしていくのはとっても楽しい♪ここを多肉でいっぱいのおしゃれな小屋に、いつかしたいです。

焦らず楽しみながら進めていこうと思います!


フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!
⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。

コメント