Looopでんき・楽天でんき・親指でんき 比較して契約したのは?

前回のページでは、数多くある新電力(小売事業者)の中で、私自身が選んだ基準(条件)やメリット・デメリットをまとめました。

新電力の見積額がすごい!新電力を選んだ基準とメリットとデメリット

その条件やメリットをすべて解決できる「小売り電気事業者」として探し、絞ったのが下の3社でした。

Looopでんき・・・料金格安 2018年人気NO.1

楽天でんき ・・・料金が安くさらに楽天ポイントがつくのが嬉しい

親指でんき・・・エリアにより「わんにゃんプラン」など格安プランあり

このページでは3社の料金とサービスを比較した内容と選んだ理由をまとめておきます。

Looopでんき・楽天でんき・親指でんき どこがいい?

3社はそれぞれ(プランにもよりますが)料金が安いだけでなく基本料金が無し、初期工事費無しなど、安さ・サービスの点で魅力がある小売り電気事業者です。3社の中で選ぶことまでは絞っています。

今後も料金変更はあると思いますが、たくさんある新電力会社間での競争もあるので、この中でどこを選んでも大きな違いは出てこないでしょう。

なので現在行っているキャンペーンやサービスなども考慮に入れて選ぶと良いと思いました。

3社の比較を一覧にしてみました。

Looopでんき・楽天でんき・親指でんき 比較表

電力会社 Looopでんき 楽天でんき
(旧まちでんき)
親指でんき
東京電力エリアの電気料金 26円/kwh 26円/kwh 26円/kwh
メリット

・電気料金が安い
・ソーラー割がある

・電気料金が安い
・楽天ポイントが貯まる
・楽天ポイントを支払いに使える
・電気料金が安い
・口座振替での支払いが可能
デメリット ・沖縄・離島で利用不可
・支払いはクレジットカードのみ

・沖縄以外の離島で利用不可
・10A、20A契約は不可
・支払いはクレジットカードのみ

・沖縄・離島で利用不可
・10A、20A契約は不可

キャンペーン

※終了後の可能性もあるので注意

Amazonギフト券3000円相当プレゼント 4か月以上の契約で2000ポイント オリジナルQUOカード3,000円プレゼント!

 

料金とキャンペーン中のサービスも含めて比較しています。住んでいる地域によって違いがある上、キャンペンはいつ終了になるかわかりませんが、現状での比較です。

各社の、一般家庭向き料金プランや特徴を詳しく見てみます。

Looopでんきの料金表と特徴(おうちプラン)

Looop(ループ)でんきは、2018年に契約者数1位と人気です。価格的に今まで一番安く、サービスも良い新電力でした。

でも料金的には同程度、あるいはもっと安い事業者が新電力に参入してきました。今後もどんどん増えていくと思われます。

が、Looopでんきも契約者数1位を維持できるよう企業努力を続けるでしょう。契約者数1位というのは安心感がありますね。

私の住んでいる東京電力エリアでの従量料金は、税込み26円/kwhです。

Looopでんきの大きな特徴としては、「ソーラー割」があることかと思います。住宅用太陽光発電システムをお持ちで電力をLooopに供給できるなら、電気料金から1円引きとなるなどのメリットがあります

「太陽光パネル」をこれから考えている場合も、Looopでんきのパネルを使用する、住宅用蓄電池を使用するなどで、さらに1~3円引きななるなど、「Looopでんち」はかなりおすすめです。

 

 

楽天でんきの料金表と特徴

楽天でんきの料金は東京電力エリアでLooopでんきと同じ税込み26円/kwhです。

楽天の大きな特徴(メリット)は、なんといっても【楽天ポイント】が付くということですね。毎月料金に対してポイントが付くので、1年、2年と経つとかなりのポイントになります。

また楽天でんきで溜まったポイントは支払いに回すこともできます(通販の買い物でも可能)。楽天でお買い物をすることが多いなら楽天でんきがおすすめです。

さらに今なら2000ポイントが付与されるキャンペーン中です。

 

 

親指でんき(いいねA・Bプラン)の料金表と特徴

東京電力エリアでは親指でんきも従量料金が同じ税込み26円/kwhです。3社共、電気代は同じということになりますね。

これだけ見ると、特に親指でんきを選ぶメリットは感じないかと思います。でも親指でんきはエリア限定ではありますが、面白いプランがあるのです。

親指でんきの「わんにゃんプラン」

親指でんきには【わんにゃんプラン】というプランがあります。(※対象外のエリアがあるので注意)

「わんにゃんプラン」は犬や猫を飼っていると、わんにゃん割引きとして電気料から「500円」引いてもらえるのです。

犬や猫などのペットを室内で飼っていると、エアコン代などの暖房・冷房費がかさみますよね。どうしても電気代が高くなるのでその分を割引いてくれるものです。ただし基本料金が半額ですがかかります。

基本料金が半額かかるものの、対象エリア内であればわんにゃん割引き500円の方が大きいです。割引き分を考えると電気料金は3社の中で一番安くなるのです(注:対象エリアでも北海道は基本料金が500円以上なので高くなります)。

つまり親指電気の「わんにゃんプランの対応エリア内(北海道以外)」で、「犬や猫を飼っている」なら親指でんきの【わんにゃんプラン】が一番安くなります。

 

 

新電力の契約で注意したいこと

このページでご紹介した3社に限らず新電力では、使用電力を知りたい場合など、スマホやパソコンで「マイページ」にログインすることで確認できることが多いです。

検針票はほぼ発行されないのでその点は注意が必要です。

ただしマイページでは、使用量を、日にちごと・時間ごとなど細かく見ることができ、どの時間帯で使用電力量が多いかなど自分で確認することができるようになります。節電対策にも役立てそうですね。

また、契約容量(アンペア数)の変更は契約時にはできないので、契約前に今の電力会社に依頼し変更しておくか、契約後に新しい電気事業者で変更するようになるようです。その際の設備工事・宅内配線工事費用はかかることがあります。

現状で10A・20A契約の場合、新電力に契約できない場合が多いです。できたとしても高くなってしまうことがあります。

でも30A以上なら考えてみると良さそうです。シュミレーションできるので、まずはシュミレーションしてみると良いかと思います。(ただしシュミレーションで表示される料金はあくまでも目安です)

新電力は楽天でんきで契約しました

我が家はわんにゃん共にいます。親指でんきの対象エリアなので電気代は親指でんきが一番安くなります。ソーラーパネルは、家自体が古いので現状では考えていません。

でも飼ってるペットのフードはほとんど楽天で買っています。ポイントはその際も使えるし、電気代に回すこともできるのは魅力です。

そのようなことを考えて、私の家の新電力契約は「楽天でんき」 としました。

また、楽天でんきへの契約変更も今までの電気の検針票を見ながら入力するだけ。思ったよりずっと簡単でした。

メールで契約済みの案内が来て、まだスマートメーターではなかったので、後日メーター交換のメールが来ました。スマートメーターへの交換は外での作業なので、私が不在の間にしてもらえました。すでに工事は完了しました。費用も発生していません。

もっと早く新電力へ契約変更しておけば良かったです。

まとめ

/電気料金(従量料金)はエリアにもよるがLooopでんき・楽天でんき・親指でんきの3社ともほぼ同じ。

・太陽光パネルを設置している、または設置したいのなら【Looopでんき】がおすすめ。

・楽天で買い物をする、楽天ポイントを溜めているなら【楽天でんき】がおすすめ。

・ペットを飼っているなら【親指でんき】がおすすめ(対象外エリアあり)。

・30アンペア以上の契約をしているなら、一人暮らしでも安くなる可能性があり。

・まずはシュミレーションをしてみると良い。

 

 


フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!
⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。