キャットフードはグレインフリーがいいとは限らない?猫の食物アレルギーから考えてみた

市販されているキャットフードは原材料に穀物をたくさん使っていることが多いですよね。ところがよくおすすめされているのは「グレインフリーフード」と呼ばれるフードで、一般的にタンパク質(肉や魚)がメインです。

肉食である猫のフードですから肉や魚などタンパク質は重要です。穀物は特に食べなくても猫は元気に育ってくれそうですが、それにしてもグレインフリー(穀物不使用)を強くおすすめしているサイトがとても多いです。

 

 

でも猫の食物アレルギーの原因は主に、牛肉や魚などのタンパク質です。

猫の食物アレルギーのことを考えたら、単純にグレインフリーキャットフードがいいとばかりは言えないのでは?グレインフリーのデメリットもあるはずです。

そこでグレインフリーフードのこと、どんな猫がグレインフリーキャットフードを選ぶべきなのか詳しく調べてみました。

猫の食物アレルギーの症状は発疹や嘔吐

まず、猫の食物アレルギーの症状にはどのようなものがあるのでしょうか?

猫の食物アレルギーの症状は、「皮膚に炎症や発疹ができる」「下痢や嘔吐が続く」などです。

猫は元々毛玉を吐きますし食べたものも吐きやすいので、頻繁に吐くのでなければ問題ないと思います。でも継続的に吐く場合は食物アレルギーである可能性があります。

食物アレルギーで吐くのは、食物の中に含まれるある成分に対して免疫システムが過敏に反応、撃退しようとするから。食事をした数時間後に皮膚に発疹ができたり赤くなったり、ひどい場合は脱毛することもあるようです。

 

食物アレルギーはどうして起こるの?

ある特定の食物を食べた後、痒みを伴う発疹や脱毛が見られたり、嘔吐を起こしたりすることがあります。このように一般的には害がないとされる食べものに異常な反応を示すことを「食物アレルギー」と呼びます。

これは食物の中に含まれるある成分に対して免疫システムが過敏に反応、撃退しようとするあまり必要以上に体を傷つけてしまうからです。猫の場合は炎症性腸疾患(IBD)やアレルギー性胃炎を発症し、嘔吐や下痢を起こしたり、皮膚炎を発症することが多く、食事をした数時間後に皮膚に発疹ができたり赤くなったり、ひどい場合は脱毛することもあります。激しい痒みを伴うため、猫はしきりに首や耳など顔を中心に激しく掻くようになります。

引用:猫の食物アレルギー【獣医師が解説】

猫の食物アレルギーの原因の上位は牛肉や魚であることが多い

この食物アレルギー、何が原因かというと主に肉になります。その中でも、牛肉、魚肉、鶏肉が多いといわれています。

乳製品や卵、小麦などの穀物が原因のこともありますが、牛肉か魚である場合が圧倒的に多いですね。

画像お借りしています:猫の食物アレルギーのアウトライン

猫の食物アレルギーの原因(アレルゲン)は肉に多いです。特にキャットフードに使われることの多い牛肉、魚肉、鶏肉、ラム肉が多く、それ以外では乳製品、卵、小麦・大麦などが報告されています。

猫の食物アレルギーのアウトライン

グレインフリーとグルテンフリーとの違い

グレインフリーのことを調べていて、「グルテンフリー」という言葉と混同したので、書いておきます。

グレインフリーとは

ペットフードのグレインフリーとは今さら書くまでもないかもしれませんが、穀物不使用で「米、麦、トウモロコシ」などの穀物を使わないフードです。肉や魚などのタンパク質がメインのフードが多いですね。

似た言葉で「グルテンフリー」があります。グルテンフリーとは小麦・大麦・ライ麦などに含まれるたんぱく質の一種であるグルテン不使用のことです。

 

ペットフード中のたんぱく質含有量を多くするため、小麦グルテンを使用しているものがあります。アメリカで過去に中国産小麦によるメラミン混入事件がありました。その事件を機にグルテンフリーのペットフードが多くなったと言われます。

グレインフリーもグルテンフリーも「穀物が入っていない」という意味では、ほとんど違いはありません。

穀物は猫にとって良くない原材料なの?

猫はもともと肉食で穀物を食べる動物ではないので、穀物を食べると消化不良を起こすことがあるそうです。

でも市販のキャットフードなどの材料を見てみると、主な原料として、小麦、米、トウモロコシなどの穀類を使っているフードの方が多いですよね。

 

 

うちのニャンズにはいくつかの種類のフードをローテーションさせながらあげていますが、その中には穀物を使っているフードもあります。

でも下痢することもなく継続的に吐くこともなく病気になることもなく、健康で元気に育ってくれています。

それなのに穀物がキャットフードに含まれると良くないのでしょうか?

うちのニャンズはキャットフードの穀物を消化できているのでしょうか?

本当に穀物は猫にとって良くない原材料なのでしょうか?

猫は穀物を消化できる?できない?

穀物に含まれる主な栄養素は言うまでもありませんが「炭水化物」です。

そのほとんどが「でんぷん」ですが、でんぷんは人間を含む多くの動物にとって生のままでは消化しにくいです。人間もお米を炊いてやわらかいご飯にしますし、麦は挽いて粉にし、さらに水を加えて練って焼いてパンにしますよね。

ところが水とともに加熱することによってでんぷんの結晶構造が溶解して水に溶けます。これを糊化(アルファ化)と言います。実はアルファ化させることででんぷんを消化しやすくしています。

 

 

猫の場合も同じように、アルファ化したでんぷんなら消化する能力があるそうです。

ただし猫は人のように唾液の中にでんぷんを消化する「アミラーゼ」をもたないので小腸で消化が始まります。そのような違いはあるものの、穀物材料の割合が40%程度(乾物量)までであれば問題ないことがわかっています。

 

猫も加熱調理した穀物なら負担なく消化できる

猫の場合、果糖(フルクトース)については分解する能力をもたないので与えないほうがいいのですが、糊化したでんぷんなら消化する能力があります(Meyer and Kienzle,1991;Kienzle,1993.1993a)。人のように唾液の中にでんぷんを消化するアミラーゼをもたないため、小腸で消化が始まるといった違いはありますが、体内での利用も、食事の40%程度(乾物量)までは問題ないことがわかっています(Meyer and Kienzle,1991)。

【獣医師監修】猫はキャットフードに入っている穀物を消化できる?

 

一般的なキャットフードのでんぷん量は30~35%程度。もちろんキャットフードに使われている穀類は、アルファ化された状態になっています。

特にドライフードは、原材料を粉にして加熱・加圧してフードの形につくりあげるため、でんぷんの消化性がとても高められているとのこと。

 

つまり無理なく消化も吸収もできるということですね!

ただし穀物の材料を必要以上に使っているフードはやめた方が良さそうです。

炭水化物は適量をバランスよく配合してあることが大事

本来猫は肉食動物なので、小麦や米、トウモロコシなどの穀物に含まれる炭水化物をあまり必要としていないことは確かです。

ですが、炭水化物は過剰にならない程度にペットフードに含まれていたほうが、栄養バランスがいいのです。

これは下記のような理由があります。

・炭水化物を分解してできる糖は体内で優先的に使われるエネルギー源である
・脳は主に糖をエネルギー源として使う
・特に授乳期に良質な母乳をつくるために糖を必要とする
・穀類に含まれるたんぱく質、繊維質、ビタミン、ミネラルなどは、栄養素の過不足を解消してる

穀物材料の割合は40%程度まで。炭水化物のバランスはとても大切なようですね。

また、穀物を原材料に使うことは価格的にも安く作ることができます。これがメーカーが穀物を使う一番の理由かと思いますが、私たちもキャットフードを求めやすい価格で買うことができると言うことですね。

適量の炭水化物を配合しつつも高たんぱく・低脂肪のフード

猫の健康を考えたとき、バランスよく炭水化物を配合しつつも、高たんぱくで良質な原材料を使用し、脂質は控えめな低脂肪のキャットフードを選びたいです。

 

以前から我が家ではローテーションフードの一つに「ピュリナONEキャット」を選んでいます。

 

インターネット上でキャットフードの情報を検索すると、自分が勧める高価なグレインフリーフードを売りたいために、グレインフリーだけが良いように書き、ピュリナONEなどの穀物を使ったフードにたいして悪評を書いているサイトもありますね。でも「ピュリナ」はけして悪いフードではないと私は思っています。

グレインフリーフードもあげながらピュリナONEも長く使っており、下痢をしたことも病気になったことも一度もありません(※急にフードを変えたことで軟便になったことはあります)。優れたフードだと感じています。

 

 

ペットフードの指導は、日本では獣医がされるケースが多いですよね。 でも人の場合、食事の指導は栄養士が指導されるのが一般的です。

 

ピュリナには専門の栄養士がいて、たんぱく質や脂肪の配合を設計しています。また動物行動科学者が 1日の運動量を基に最適な食事量を計算しているそうです。

さらに年齢や味の好みだけでなく、環境や健康状態に応じた幅広いニーズにも対応した商品を提供しているので、たくさんある種類の中から猫たちの状態に合わせて選ぶことができるんですよ。

 

最近ではピュリナONEにもタンパク質中心の「グレインフリー」のラインアップが増えました。ますます選びやすくなりピュリナワンの中でもローテーションさせやすくなりました。

 

以前はペットフードは近くのホームセンターで購入していましたが・・・、犬のパルとニャンズ2匹のフードをいっぺんに買うとさすがに重くて運ぶのが大変!!

でもこの頃はピュリナワンを定期お届け便で送ってもらうこともできるようになり、とっても便利。

とっても助かっています!

 

また、今なら1か月無料で試せるキャンペーンも開催しているので、まだピュリナを試してみたことがない人や、改めて使ってみようと思っている人は今が試しやすいです。

 

グレインフリーキャットフードを選ぶべき猫は?

穀物バランスのことを書きましたが、穀物を使っていないグレインフリーフードを選んだ方が良い場合もあります。

穀物アレルギーの猫はグレインフリーキャットフードがおすすめ

猫アレルギーの話に戻りますが、肉や魚以外に穀物にもアレルギーを持っている猫はいます。

穀物に対する食物アレルギーがある猫は、穀物を避けグレインフリーキャットフードを選ぶべきです。

穀物に対する食物アレルギーがある猫でも食べることができるのは、グレインフリーフードの大きなメリットですね。

 

ただし、前述したように猫の植物アレルギーの原因の多くは牛肉や魚肉などの肉類で、穀物の食物アレルギーの猫はそれほど多くありません。

ただ、グレインフリーと書いてあってもトウモロコシなどが配合され、実際はまったくのグレインフリーではないフードもあります。

また、ビタミンAやビタミンCを豊富に含むサツマイモなどが使われていることは多くあります。

体重が気になる猫もタンパク質メインのフードを

穀物類は体内で分解されると最終形態は砂糖と同じ「糖質」になります。糖質を大量に摂取すると、体内で血糖値が上昇し「インスリン」という血糖値を下げるホルモンが分泌されます。

人間もそうですが穀物類は摂り過ぎると太ります。猫もそれは同じなのです。

 

太りやすい猫、体重が気になる猫は、穀物を使ったキャットフードより、タンパク質メインのグレインフリーフードを選んであげたいですね。

うちの猫もしかしたら食物アレルギー?アレルゲンを特定するには

飼ってる愛猫に食物アレルギーがありそうだとわかっても、アレルゲンを特定するのは難しいですよね。

血液検査などで調べることもある程度できるようですが、やはり獣医師に相談しながら毎日の食事や猫の様子を観察して見極めていくのが良いようです。

 

グレインフリーフードには、牛肉メインのフード、魚肉メインのフード、チキンメインのものなど色々あります。

「アレルゲン」だと考えられる原材料が使われていないキャットフードを選び、数日様子や変化を見てみる。特に気になることがなければそのフードは大丈夫として別の原材料を使ったキャットフードも試してみる・・・この繰り返しである程度アレルゲンを特定することが可能です。

特にアレルギーを持っていない猫は何を選べばいい?

現在あげているキャットフードを特に問題なく食べてくれて、痒がったり継続的に吐いたりしない猫には、どのフードを選べばいいでしょう?

 

基本的に猫は肉食ですから、経済的に余裕があれば良質なたんぱく質原材料にこだわったグレインフードを選びたいですが、適量の穀物バランスを考えて配合されているキャットフードでも良いでしょう。

※ピュリナでも新しくラインナップにグレインフード(チキン・白身魚)が追加されました。

また今使っているフードをそのままあげても良いですね。それぞれ問題なくおいしく食べ、特別吐くこともなく便も健康ならわざわざ変えることもないですよね。

 

ただ、同じフードばかりではすぐに飽きてしまうのが猫・・・。一つだけに決めずに、いくつかのお気に入りフードを決めて回しながらあげるのをおすすめします。

慣れているフードでありながら時々味が変わるのは喜びます。我が家のニャンズも飽きやすいので、数種類のフードを決め、ローテーションさせてあげています。

 

特に食物アレルギーがなければ「グレインフリーキャットフード」も選びたいです。

本来猫は肉食なので、グレインフリーフードを選ぶことは猫の食生活を満足させてくれます。またとても毛の艶が良くなるのでおすすめです。

 

うちのニャンズのグレインフリーフードは、

チキンメインの「カナガンキャット」サーモン(魚)メインの「シンプリー」、ピュリナグレインフリー(チキン)、ピュリナグレインフリー(白身魚)。

どれも喜んで食べてくれます!

 

私の試した感想をまとめています(私の口コミ)

⇒ 口コミで人気のカナガンキャットフード評判通りか試してみたよ

⇒ 高品質キャットフード「シンプリー」うちの猫が食べるか試してみた【私の口コミ】

⇒ ピュリナワンに「グレインフリー」新登場!うちの猫は食べるかな?

 

最後になりますが、食物アレルギーと似ている「食物不耐症」でも下痢を起こすことがあります。

これは特定の食品をうまく消化することができない症状で、例えば「牛乳」を猫は消化できない子がいます。牛乳に含まれている乳糖を分解するための「ラクターゼ」が猫には不足しているため、猫に飲ませると下痢を起こしてしまうことが多いのです。

「食物不耐症」での下痢は食物アレルギーとは違うので注意したいですね。

キャットフードはグレインフリーがいいとは限らない?まとめ

・猫の食物アレルギーの原因の上位は牛肉や魚であることが多い

・キャットフードに使用されている穀物は、加熱調理(アルファ化)されている。

・アルファ化により穀物材料の割合が40%程度までなら猫が消化できる

・炭水化物は過剰にならない程度にペットフードに含まれていたほうが栄養バランスがいい

・穀物アレルギーの猫はグレインフリーキャットフードを選ぶべき

 

 


フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!
⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。