一番お得でおすすめなふるさと納税サイト 楽天ふるさと納税の申し込みの方法

「ふるさと納税で寄付するともらえる返礼品どこがいい?おすすめサイトは?」のページでお伝えしたように、一番お得でおすすめなのが楽天ふるさと納税サイト。楽天ポイントも使える「楽天ふるさと納税」で私も初めてのふるさと納税を行うことに決めました。

このページではふるさと納税の申し込み方法、実際に私も申し込んてみた手順をまとめておきます。

楽天ふるさと納税のサイトでマイページを作る

楽天ではふるさと納税のための「マイページ」を用意してくれています。

楽天会員に登録しなくても「楽天ふるさと納税」を利用することはできますが、マイページを利用することはできず、楽天スーパーポイントも付きません。

マイページは楽天のアカウントがある(楽天でIDを持つ)だけで利用できます。税額控除の目安になる金額をシュミレーターで計算でき、それをそのままマイページに保存できます。複数の寄付を行うことがあってもマイぺージで管理できるのはとっても便利です。

ふるさと納税は寄附先の自治体の数に上限はありません。複数の寄付を行っていると件数や金額などがごちゃごちゃになってしまいますよね。今年度の寄付の状況をマイページで管理できるのはとても便利です。

私もマイページはすぐに利用しました。

まず、お持ちの楽天アカウントがあればマイページへログイン、アカウントを持っていなければ新しく作ることをおすすめします。マイページへは楽天ふるさと納税サイトから進めます。

楽天ふるさと納税サイト

税額計算シュミレーションをしてみる

税額計算シュミレーションをまだしていなかければ、一度はシュミレーションしておおよその納税額を把握しておくことをおすすめします。保存すればマイページにそのまま登録されます。

今年の寄附状況や自己負担2,000円の場合の寄附上限額などがわかります。

【参考】ふるさと納税いくら寄付したらいい?税額計算シュミレーションしてみた

楽天ふるさと納税で寄付先やお礼の品を探してみる

楽天ふるさと納税サイトではお礼の品(特産品)を、地域・自治体、金額、寄付金の用途、お礼の品のジャンルなどから、または人気のランキングで探すこともできます。

さすが楽天!納税額5000円以内でもたくさんの特産品が登録されています。2000円や3000円の返礼品もあるので細かな寄付金額設定が可能ですね。

上限額が高い方はお礼の品の数(寄付する自治体数)ばかり増やすより、「100,001円以上のお礼の品のリスト」などから探すのも良いですね。旅行や家電、牛肉などの高額品の多いジャンルやランキングから探しても見つかります。

楽天ふるさと納税家電

楽天ふるさと納税で寄付を申し込む

寄付先の自治体やお礼の品(特産品)が決まったら、該当する返礼品のページに進み寄付をします。

ふるさと納税は楽天市場での注文とほとんど同じように進むことができますが、違う点も多いです。「楽天ふるさと納税納税をご希望の皆様へ」の「詳しくはこちら」から進んで注意点を確認しておきたいですね。

・注文内容確認画面に表示される注文者情報は住民票情報とみなされます。注文者と納税者が同じでなければなりません。「寄附金の用途を選択」では、一番適切と思うことを選びます。

・ワンストップ特例申請書の送付を希望する場合は、決済ページの備考欄に生年月日・性別を記入することが必要です。(※ワンストップ特例申請とはこちら

・自治体によってはお住いの自治体への寄付ができないことがあります。

寄付を申し込む前にこれらの選択やチェックが必要です。できたらあとは通常のお買い物と同じように「寄付を申し込む」から進んで寄付(注文)手続きをするだけです。

さらにお得に楽天ふるさと納税を行う方法

楽天ふるさと納税はマイページの機能や楽天スーパーポイントが溜まるお得な納税サイトですが、さらにお得に使う方法を書いておきます。

クレジットカードを使う

楽天ふるさと納税はクレジットカードで納付することもできます。納税なのにクレジットカードが使えるって不思議な気がします(笑)。クレジットカードのポイントが貯まって嬉しいですね。

ふるさと納税で寄付をする時はポイントがたくさん貯まるクレジットカード経由で行うのがお勧めです。

特に「楽天カード」は、楽天ふるさと納税をするのにイチオシカードです。私も生活用カードとして一番利用しているのが「楽天カード」なんですよ。

楽天カードはポイント還元率が1%と元々高い還元率ですが、楽天カードを持っているだけで楽天市場での購入額に付与される楽天ポイントが3倍以上になり、とってもお得なカードです。

もちろん楽天カードで楽天ふるさと納税での寄付も可能です。絶対にこのカードでの寄付がお得です。ちなみに新規でカードの申し込みをすると8000ポイント(8000円相当)がもらえるキャンペーン中です!(※キャンペーンの時期により5000ポイントの時もあります)

楽天カード

楽天ポイントを使う・溜める

楽天ポイントをたくさん溜めている人は、ポイントで寄付することができます。私も今回のふるさと納税は楽天ポイントを使ってみました。

寄付の一部だけポイントを使うこともできます。さらに寄付金額に応じてポイントが付くのでその分溜まります。寄付したのにポイントまで付くってお得過ぎますね。

楽天ふるさと納税 お礼の品が届きました!

楽天ふるさと納税で寄付した お礼の品が先日届きました。

今回の返礼品として、宮崎県都農町の新米『コシヒカリ』無洗米15kg(5kg×3袋) 10000円 を選んでいました!

九州地方の災害復興を応援する意味と、お米なら毎日食べるものなのであっても困らないことから九州の自治体を選んでいます。※都農町がどれだけ災害で被害があったのかまでは調べていません。

5月中旬に寄付しましたが、新米なので時期を待って、寄付の手続きをした後も届くまでに数か月経っていますね。

新米の時期ではないので時間がかかるのは承知していましたので問題ありません。発送日には自治体から発送済みのメールが入りました。丁寧に対応してくれています。ちなみにお米が届いたのが8月下旬です。

楽天ふるさと納税でのお支払いは「お買い物」ではなく「寄附」です。

お礼の品の発送は、寄附金の受理の処理が終わってから行われますので、通常のお買い物と比べて発送に時間がかかります。発送のタイミングでのメールでのお知らせがない場合もあるようです。

寄付金受領証明書と申告特例申請書が寄付後に送られてくる

寄付が確定されしばらくすると、自治体「都農町」からお礼の手紙が届きました。

5月15日に寄付の申し込みをし、2~3週間で届くと書いてあった「寄付金受領証明書」「寄付控除額に係る申告特例申請書」が5月21日付で都農町からふるさと納税寄付のお礼の手紙と合わせて送られてきました。新米よりずっと早く届いています。

「寄付金受領証明書」は確定申告の際に必要な証明書になります。

「寄付控除額に係る申告特例申請書」はワンストップ特例制度を利用する場合(サラリーマンで確定申告を行わない場合など)に必要です。

どちらも無くさないように保存しておきます。

期日に間に合うように申告(提出)する

「寄付金受領証明書」は確定申告の際に忘れずに添付し、金額計算します。

ワンストップ特例制度を利用する場合(サラリーマンで確定申告を行わない場合など)は寄付控除額に係る申告特例申請書に記入して来年1月10日までに提出するようになります。確定申告するならこの寄付控除額に係る申告特例申請書は使いません。

逆にワンストップ特例制度を利用し寄付控除額に係る申告特例申請書を提出する場合は、「寄付金受領証明書」の提出はありませんので自分で保存しておくことになります。

どちらかを使えばよいので、確定申告する必要があるかを考えて、申告(提出)期限まで紛失しないようにしてください。

おいしい新米を食べて納税額を控除してもらえるなんて、とっても嬉しい制度ですね。せっかく国が用意してくれている制度ですので利用をためらっている人は思い切って是非利用してくださいね!

まとめ

楽天会員であれば、会員IDを使用して、楽天市場のお買い物と同じようなステップで自治体への寄附ができる楽天ふるさと納税はとてもお得で便利です。

お支払いにはクレジットカードも楽天スーパーポイントも利用することができます。
さらに利用金額に応じて、スーパーポイントが付与されます。
楽天会員以外の方でも、楽天のふるさと納税を利用することができますので是非使ってみてください。

ふるさと納税で寄付するともらえる返礼品どこがいい?おすすめサイトは?

ふるさと納税の仕組みを知って自治体に寄付してみることにした

ふるさと納税いくら寄付したらいい?税額計算シュミレーションしてみた


フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!
⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。