タンパク質が豊富なシンプリーキャットフード試してみた【レビュー】

キャットフードについては、タンパク質が豊富なフードや健康に良いものをあげたいなどの思いが深くなり、いまだキャットフードジプシー中の(@yutta_rich)です。

フードに飽きやすい猫たちの為に基本的には数種類をメインフードと決め、ローテーションさせながらあげることにしています。

自分の中で候補になっているフードを順番に試し、良かったキャットフードや今後メインとして考えたいものを体験談(レビュー)として載せています。今後も修正や追加をしながら記事追加や更新をしていきますが、そのうちの一ページがこちらになります。

 

シンプリーキャットフード公式ページ

 

タンパク質が豊富なキャットフード シンプリーキャットフードを選んだ理由

さて、キャットフードで検索すると必ず上位に表示されるフードとして『カナガンキャットフード』『シンプリー』が目につきます。『ジャガーキャットフード』『モグニャン』 もあちこちのサイトでおすすめしていますね。

これらの4ブランドはどれも海外製のペットフードで、日本では株式会社レティシアンが販売しています。レティシアンの扱うフードはペットショップやホームセンター、ドラッグストアなどの一般のショップでは販売していません。インターネット上のみで宣伝、基本的に直接レティシアンが販売しています。

 

 

この4ブランドとも気になっているのですが、高品質なタンパク質原材を豊富に使った安心して猫に与えられるフードとして、魚が大好きな我が家の猫ミントのために、フィッシュ(サーモン)をメインとする【シンプリーキャットフード】を選び試してみました。

シンプリーキャットフードは安心して猫に与えられる、猫の健康も考えられたキャットフードとして愛猫家から高い評価も得ているフードです。

※ちなみに我が家では、以前は「ピュリナワンキャット」と「ロイヤルカナン」が中心になっていました。

シンプリーキャットフードが届いたよ

デザインが変更され可愛い袋に入った「シンプリーキャットフード」が届きました。

 

 

プレミアムキャットフードの中にはジップ付きで保存性の高い材質で作られた袋に入ったものもありますので、それと比べると包装は簡易的な感じではありますね。

一袋の内容量は1.5キログラム。長期保存がきかないので、一袋の容量としてはちょうどよいかと思います。

開けてみたら美味しそうなサーモンベースの匂いがした

さっそく袋を開けてみました。

シンプリーキャットフードの袋を開けた瞬間に猫が寄ってきそうなおいしそうな匂いがしました。キャットフードでまず気になるのって結構臭いだったりします。なのでおいしそうないい匂いなのは嬉しいです。

 

 

人工の合成香料は不使用で、猫の食いつきを良くするために一粒一粒を素材そのもので作ったフレーバーソースでコーティングしているそうです。

この匂いは生サーモンをベースに生マス、乾燥サーモン・ニシン・白身魚、さらにサーモンスープをたっぷり73%以上も使用した、濃厚なフレーバーソースの匂いになります。

サーモンがメインなので強い肉系のフードとは違う匂いです。我が家の猫のミントも魚が大好き。でも匂いはけしてキツイ臭いではなく、猫の食欲をそっと刺激しそうな感じです。

粒の大きさは中つぶで色は黒っぽい

シンプリーキャットフーの粒の大きさは、大きくもなく、小さくもなく中粒です。

 

 

一般的なフードの大きさ(←これがどのくらいかと言われても困るのですが・・・)と比べて大きさは中位です。

色はタンパク質が豊富なフードは黒っぽいことが多いですが、シンプリーも黒に近い色でした。

シンプリーキャットフードの原材料は猫のお腹にもやさしい

シンプリーキャットフードの原産国は、動物愛護先進国「イギリス」で、スコットランド地方北西のサーモン(鮭)をメインに使ったキャットフードになります。サーモン以外にもニシン、マス、乾燥白身魚など、魚を使ったフードです。

 

 

他にも今の元気をずっと維持するための、健康リスクに配慮した材料を使っていて、例えばクランベリーに含まれるキナ酸は、体のコンディションを安定させ、オリゴ糖は食物繊維が豊富でお通じのスッキリもサポートしてくれます。

うちのニャンズもお通じがあまり良くない時、トイレで踏ん張っていることがあります。人間ならお腹をマッサージしたりできますが、猫は自分ではできないため、フードでのこういったサポートはありがたいですね。

シンプリーキャットフードは猫にとって消化が難しい穀物を使用しないグレインフリー(穀物不使用)フードで、腹持ちが良く消化率の高いサツマイモや、ビタミンを多く含むニンジン・リンゴ・ほうれん草などで健康を維持しやすくなっているようです。

 

原材料(シンプリーキャットフードサイトより)

骨抜き生サーモン(31%) / さつまいも / 乾燥ニシン(12%) / 乾燥サーモン(11%) / じゃがいも / サーモンオイル(8.1%) / 乾燥白身魚(6.5%) / 生マス(4.65%) / サーモンスープ(2.3%) / ミネラル類 / ビタミン類 / アルファルファ / クランベリー / タウリン / マンナンオリゴ糖 / フラクトオリゴ糖 / リンゴ / ニンジン / ホウレンソウ / 海藻 / カモミール / セイヨウハッカ / マリーゴールド / アニスの実 / コロハ

成分分析値(シンプリーキャットフードサイトより)

粗タンパク質37.00% / 脂質20.0% / 粗繊維1.50% / 粗灰分9.50% / 水分7.00% / オメガ6脂肪酸1.33% / オメガ3脂肪酸3.89% / カルシウム1.89% / リン1.32% / カリウム0.59% / マグネシウム0.13% / ナトリウム1.00% / エネルギー(100gあたり)約380kcal

シンプリーキャットフードの対象年齢

シンプリーキャットフードの対象年齢ですが、袋には「Adult Cat Salmon」と記入してあります。大人猫用かと思ったのですが、サイトを詳しく読むと子猫からシニア猫まで食べられるフードとなっています。

まだ離乳食が必要な赤ちゃん猫や、歯が弱くなったシニア猫などの場合はお湯でふやかすなどしてあげることは必要ですが、全年齢の猫に与えることができるようです。

 

 

シンプリーキャットフードの食いつきはとっても良かった

実際にうちのニャンズ「ミント」と「たいむ」にシンプリーキャットフードを食べさせてみました!

食いつきはどうでしょうか?

 

 

結果を書くと、シンプリーキャットをあげようとするだけで、自然素材の魚系のいい匂いがするので二匹ともすごく喜んで寄ってきました。

たいむはすぐに食べ始め、食いつきも良かったです。

ミントもすぐに食べ始め食いつきも良かったのですが、少し食べただけで一回目は残しました。

 

ミントはいつも慣れるのに時間がかかる子です。一回目は写真を撮るためと食いつきの良さを知るために混ぜてなかったので、二回目からは今までのフードと混ぜながらあげるようにしました。

少しずつシンプリーを増やしていきその後ミントも食べるようになりました。数日後には全量をシンプリーキャットフードに変えることができました。

シンプリーを食べたあとの猫の便のようす

便のようすですが、フードが黒いからか便の色も黒くなりました。又1~2日ほど軟便に(柔らかく)なってしまいました。

シンプリーキャットフードに限らず、フードをいきなりガラッと切り替えると、食べなくなってしまったりお腹を壊してしまうことがあります。

実際うちの猫二匹も、他に飼ってる犬のパルも、急にフードを変えると軟便になることがあります。過去にも軟便が続きよくよく考えてみたら急にフードを変えたからだと気づいたことが何回かありました。

いままでのフードに1/3程度混ぜ、数日から一週間くらいかけ少しづつ新しいフードの量を増やしていきます。うちの猫達もフードに慣らすのにいつも数日かけています。

変えるとお腹を壊すのに、同じフードばかりでも飽きてしまって食べなくなるので困ります。あ、でもそれは人間も同じですね~。

 

食いつきがいいのが良いフードとは限らない

猫の食いつきをよくするために合成香料での香り付けや必要以上の塩分での味付けなどをしているフードも多いです。これらはスナック菓子やカップラーメンなどの、おいしそうな食欲をそそる匂いや味に近いです。つい食べたくなってしまう匂い付け、食べたくなる味付けがされています。でも毎日食べ続けては健康面を考えるとよくありません。

 

食いつきの良いフードが必ずしも良いとは限りません。いい原材料を使ったフードは食べなれてくると美味しさがわかってきてよく食べてくれるようになるようです。食いつきだけをみて良いフード、悪いフードと決めつけることなく、原材料をしっかり調べて、しばらく様子をみながらあげていくことが必要ですね。

安全性はどう?シンプリーキャットフードは安心して猫に与えられる?

シンプリーキャットフードの品質について

シンプリーキャットフードはイギリスの中でも特に安全マネジメントと品質・セキュリティ管理が徹底されたBRC(英国小売協会)の規格でAランクを取得している工場で作られています。BRC規格は、世界で最も広く普及しているといわれ、アメリカ・ウォルマート社をはじめとした欧米の企業が納入業者すべてにBRC認定を求めるほど。

ヒトの食品管理と同等の高い基準で、猫の健康を守っていると思ってよいと言えますね。安心してうちの猫たちに与えることができそうです。

 

 

又、シンプリーキャットフードのサイトを読ませてもらっての特徴としては、下のようなことがあげられます。

  • グレインフリー(穀物不使用)である。
  • サーモン・ニシン・マスなどのフィッシュメインの高品質タンパク質フードである。
  • 動物愛護先進国「イギリス」で生まれたフードなので安全性が高い。
  • 合成着色料、合成保存料は不使用で安心できる。
  • シンプリーのコンセプトとして長年与え続けることができるフードを目指している。

 

猫を飼い始めて私が一番悩んだのが「どのキャットフードを選んだらいいのか」ですが、キャットフードの安全性や原材料については、別ページ(安心で安全なキャットフードの選び方)でも書いていますのでお読みくださると幸いです。

 

上記のページにもまとめていますが、キャットフードの選ぶ際には次のことを意識して選ぶと良いです。

  • 基本的にドライフードをベースにする
  • 原材料名の一番目に穀物が記載されていないキャットフードを選ぶ
  • 良質なタンパク質配合の、粗悪な原材料が入っていないキャットフードを選ぶ
  • 有害な添加物が入っていないキャットフードを選ぶ
  • ペットフードに関しては国産がいいと限らない(国内製でも良いものはある)

 

安全で安心してあげられるキャットフードとして、「シンプリーキャットフード」は気を付けたい5つのポイントをクリアしています。安心して猫に与えられるフードと言えます。

金額的には高めのフードですが、経済的に許せるなら、大切な飼い猫のキャットフードの選択肢の一つとして考えてよいかと思います。

シンプリーキャットフードを試す方法

前述したようにシンプリーキャットフードはペットショップやホームセンター、ドラッグストアなどの一般のショップでは販売していません。インターネット上のみで宣伝、アマゾンなどで購入することもできますが、基本的に直接レティシアンが販売しています。

一般のショップで販売せずレティシアンが自社で販売する大きなメリットして「在庫を自社で管理することができる」ことが想像できます。
製造日の古いものや保存方法の悪いものを販売することなく、新鮮で安全なフードを販売しているので、私たち消費者(猫の飼い主)としては安心して注文できます。

 

一方で、独占販売のためいい意味での価格競争もないので、基本的にセールがなく、高価なフードでありながら安く販売されることはありません。ただし公式サイト(レティシアン)からの定期購入では割り引き価格で購入することができ、特典やサポートを受けることができますので、公式サイトからの購入がおすすめです。

 

シンプリーキャットフード(アマゾンでも買えます)

シンプリーキャットフード公式ページ

 

又、この頃は国産の素晴らしいフードも出てきているのでそちらも試しています。そちらの体験談は別ページで近いうちにお伝えしますので、お読みいただけたら幸いです。

 

猫やペットの関連記事もどうぞ

食欲がない?贅沢になってしまった? ドライフードを食べない猫に困った時したこと

猫のフードどれがいい?安心で安全なキャットフードの選び方

メンテナンスが楽な猫トイレの組み合わせ

猫や犬の病院嫌い対策|動物病院へ行く回数を減らす方法

 

◆今日の記事がお役に立てたなら、応援クリックお願いしますm(_ _)m◆

  
  自分らしさ ブログランキングへ


◆フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!◆
 ⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。