メンテナンスが楽な猫トイレの組み合わせ

メンテナンス(管理)が楽で猫砂が散らからず清潔に使えること。そして維持費も安いこと。

このような条件で探していきついたのが、「システムトイレと、ペレット(猫砂)と、使い捨てペットシートの組み合わせ」です。

この組み合わせは私自身とても気に入っていて手話せないうえ、猫を飼っている友人達をはじめ、猫ブログで紹介してみたらかなりの反響があったので、改めて書いてみます。

猫トイレ中
猫トイレ中

 

オススメの猫トイレは、システムトイレと、ペレット(猫砂)と、使い捨てペットシートの組み合わせです。この組み合わせに行き着いてから、ニャンズのトイレの管理がすっごく楽になり、ストレスが軽減されました。

しかも維持費もそれほどかからないので経済的にも負担が少なくなったのです。

メンテナンスが楽な猫トイレの組み合わせ

本体をシステムトイレに変更する

まずトイレ本体をシステムトイレにしました。

家で使っているシステムトイレ本体はユニチャーム デオトイレです。

維持が簡単な猫のトイレ
維持が簡単な猫のトイレ

 

システムトイレは、トイレの中のペレット(猫砂)がおしっこで濡れるとおがくず状になって、すのこの隙間から下の引き出し部分へ落ちます。シートが水分を吸ってくれ、シートの上にはおがくずだけが溜まりますが、これが臭いを押さえる効果もあり、猫のおしっこ臭はほとんどしません。またすのこの上にはきれいなペレットだけが残ります。

 

毎日の管理としては上の段にある「猫のウンチ」をシステムトイレに付いてるスコップですくってトイレットペーパーにくるんでトイレで流し、下の段の、おかくずになったペレットとおしっこを吸ったシートとを一緒に新聞にくるんで燃えるゴミと一緒に捨てるだけ!

※ウンチを取った後は、スコップでペレットをならすようにして、粉を下の段に落としています。

⇒ おすすめの猫のシステムトイレ

 

トイレに使う猫砂は、ストーブ用のホワイトペレットを使う

使っている猫トイレの砂は、猫砂ではなくてなんと「ストーブ用の木質ペレット」を使っています。このトイレが格安の維持費で済むポイントは、このペレットのおかげなのです。

猫トイレの砂になるホワイトペレット
猫トイレの砂になるホワイトペレット

 

ストーブ用のホワイトペレットですが、猫のトイレ用に売っているペレットタイプのものとほとんど同じ。レビューを読んでもストーブに使っている人より、猫トイレに使っている人の方が多いくらいです。

⇒ 猫のトイレ用ホワイトペレットのレビューページ

 

このペレットのおかげでネコのおしっこの臭いも気にならず、砂(ペレット)の飛び散りも以前よりずっと少なくなり、トイレ管理が楽になりました。毎日飛び散った砂の片付けでストレスを感じていたのがほとんど気にならなくなったのです。

 

更に嬉しい事に通常の猫用ペレットを購入することと比べたらすっごく安いんです。送料込みでも1700~1800円程度(20キロ入りで)。これで数ヶ月使えます。

 

気になったのが猫がストーブ用の燃料をトイレに使って問題ないかということ

当初ストーブの燃料ペレット(木質ペレット)を猫のトイレに使うにあたっては、成分的に問題ないのか?猫に害はないのか?ということが心配で色々調べてみました。メーカー(ニッチリッチ)のサイトを良く読んだら、円筒状に圧縮成形加工してあるけれど有害な化学物質の混入などは一切なく安心できるということでした。

 

安全に使えることがわかり、うちではもうず~っとニッチリッチさんのホワイトペレットを使っています。

⇒ 猫のトイレに使えるホワイトペレット

 

格安ペットシーツを使うことで管理が簡単で清潔に

 

さてトイレのおしっこの受け皿に敷くシートですが、トイレとセットで販売しているものではなく、「格安のペットシーツを使うこと」で維持費も安くできていると思います。新聞を使うことも考えましたが、トイレの管理の点と臭いのことなどを考えペットシーツにしました。新聞ならもっと節約できますね。

 

でもうちで使っているペットシーツは100枚当たり500~600円程度のもの。
それほど高いものでもないので、使い易さ、臭いなどを考えて、新聞ではなくあえてペットシーツを使ってます。

 

薄いけれど使えてます ペットシーツ
薄いけれど使えてます ペットシーツレギュラー

 

この写真はペットランドのオリジナルペットシーツ レギュラー 100枚入り

 

薄くて安いシーツですが、漏れたことは一度もありません。このペットシーツで十分満足しています。他にも最近は各社でオリジナルペットシーツを販売していますね。

 

『爽快ペットストアのシート』や『チャームのオリジナルシーツ』も試し、比較してみたこともありますが、他社のものもほとんど変わらない感じで使えます。製造元は同じでは?と思ったペットシーツ同士もありました。

⇒ 各社のオリジナルペットシーツ

 

また猫のトイレ本体はうちではユニチャーム デオトイレを使っていますが、上の段がすのこ状になっているシステムトイレなら他社の物(花王ニャンとも清潔トイレなど)でも同じように使えます。

もし「メンテナンスが楽で維持費もあまりかからない猫トイレ」を新しく購入したいと考えているのなら、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

◇◆今日の記事で紹介したグッズやお店◇◆

⇒ 猫のシステムトイレ

⇒ 猫のトイレに使えるホワイトペレット

⇒ 各社のオリジナルペットシーツ

 

◇◆猫やペットの関連記事も読んでね!◇◆

猫のフードどれがいい?安心で安全なキャットフードの選び方

食欲がない?贅沢になってしまった? ドライフードを食べない猫に困った時したこと

猫や犬の病院嫌い対策|動物病院へ行く回数を減らす方法

タンパク質が豊富なシンプリーキャットフード試してみた【レビュー】

 

◆今日の記事がお役に立てたなら、応援クリックお願いしますm(_ _)m◆

  
  自分らしさ ブログランキングへ


◆フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!◆
 ⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。