ワードプレスを使う時のサーバー、海外サーバーと言う選択肢がある人へ

ワードプレスを使うにあたって海外サーバーを契約し、結果的に設置がわからず、泣き寝入りすることがたまにあるとか。

 
海外サーバーって私の中では選択肢になかったのですが。

 

海外サーバーが良くないとか、心配させるためではなく、今回調べたことがいくつかあるので
使おうかどうか考えている人の何かのヒントになればと思い、書いておきます。 

 

海外サーバーのメリットとデメリット

 

海外サーバーのメリットとして一番大きいのが、

格安で使えるものが多いこと。

日本のサーバーでも格安のものもありますが、海外サーバーは、安くても容量・転送料無制限、データベースが数個~数千使えるとか、WordPress自動インストール、バックアップ、修復、アクセス解析といったサービスがある場合が多いです。

データベース数千使用可能なんて、そこまでなんで?って思うのですが、ともかく安く複数使えるのは嬉しいですね。

 

容量・転送料無制限の海外サーバーもあり、画像をたくさん使いたいのであればそれも大きなメリットにあります。

 

025

海外サーバーのデメリットとしては、

一つはやや時間がかること。データセンターが海外にあるため、日本のサーバーよりもファイル転送やサイトの読み込みに若干時間がかかります。

 

時差があること。海外サーバーですから当然ですが、FTPソフトを使う時も、時差が生じます。

一番気になるのが、当たり前なのですが

すべてが英語で書いてあること。

 

サポートについては、設定で困ったら、利用ユーザーがサイトで解説をしてくれているそうです。検索すれば解決方法は見つかりますし、チャットがあったり、メールで親切に教えてくれることもあるらしいです。※あくまでも私は契約したことはありませんので、そうらしい、ということで。

なので、それほど心配しなくても、英語ができるなら海外サーバーでもたいていの人は使えるようです。

でも、まだワードプレスが始めてとか、初心者レベルのうちはやめたほうが良さそうです。
英語によっぽど自身があるとかなら、話は別ですが。

 

ということで、WordPressの知識に自信のない方は海外サーバーを使いこなすのは難しそうです。日本のレンタルサーバーを契約しましょう。

 

032

 

日本のサーバーを選ぶなら・・・

 

それと、まだ慣れていない方は日本のサーバーを使うにしても、ワードプレスを使いたいなら、『自動インストール機能』があるサーバーをお使いになるのがオススメです。

 

自動インストール機能があれば、以前だったらすごく手間がかかったインストール作業がたった数分で完了出来ます。サーバーによりますが、順番にクリックしながら進むだけでインストールできるので、とても楽ですし、間違いなく完了できます。

 

私のおすすめとしては、下記のサーバーです

エックスサーバー

さくらレンタルサーバー(スタンダードプラン以上が必要)

ロリポップ(ライトプラン以上が必要・スタンダードプラン以上推奨)

※人気度が高く、使っている人が多い=検索しても解決しやすいサーバーでもあります。

 

また、WordPressを使うには、はPHPのバージョンやMySQLのバージョンが関係してきます。余裕を持った契約をせずに困った人もいます。今後複数のワードプレスを運営するつもりなら、余裕を持ったサーバー契約をしましょう。
(↑困った人とは私です(^^ゞ。)

 

◆今日の記事がお役に立てたなら、応援クリックお願いしますm(_ _)m◆

  
  自分らしさ ブログランキングへ


◆フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!◆
 ⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。