ふるさと納税で寄付するともらえる返礼品どこがいい?おすすめサイトは?

ふるさと納税の制度に興味が沸き体験してみたくなった私(@yutta_rich)です。先日ふるさと納税の仕組みを知り、寄付金額の目安をシュミレーターで計算してみました。

⇒ ふるさと納税の仕組みを知って自治体に寄付してみることにした

⇒ ふるさと納税いくら寄付したらいい?税額計算シュミレーションしてみた

 

仕組みを知って税額シュミレーションしたものの、どこの自治体に寄付をしたら良いか、どの特産品(返戻品)を選べば良いか、そしてどこから選べば良いかなど、まだまだわからないことがありました。

私も選んだふるさと納税サイトの、選んだ理由やメリットをこのページではまとめておきます。

ふるさと納税の寄付 自治体や特産品は何を基準に選べばいいの?

まず何から選んだらいいのか迷いましたが、どこに寄付するか、お礼の品(特産品)に何を希望するか?などが選ぶ基準となりました。

お世話になった自治体や応援したい自治体で選ぶ

ふるさと納税で自治体に寄付をする時には、お世話になった自治体や応援したい自治体を探し、その自治体の返礼品の中から寄付上限額の中で選ぶことができます。

当初、以前最初にお世話になった「伊豆市」で探してみました。でも希望の自治体の返礼品の中に欲しいと思う品がない、寄付額が合わないなどの場合があることがわかりました。

残念ながら今回の寄付先として選びませんでしたが・・・来年は返戻品が新しくなることもあるので又探してみようと思います。

 

 

寄付金額を基準にお礼の品から選ぶ

ふるさと納税の寄付先は、寄付した後にもらえるお礼の品(特産品・返礼品)を、寄付金額を基準に 選ぶのが一般的ではないかと思います。

普通のお買い物に近い形になってしまいますが、各ふるさと納税のポータルサイトでは、寄付金額を基準にお礼の品を探すことができます。

 

 

ふるさと納税の特産品ってどんなものがあるの?

実際にふるさと納税の特産品(返礼品)を見てみると、本当に多くの商品やサービスがありました。

お米、果物(フルーツ)、野菜、肉、魚介類(シーフード)、お酒、お菓子(スイーツ)などの食料品。そして日用品や花(植物)などたくさんの種類の中から選ぶことができます。

どこの家庭でも使う品であり、普段とは違う品を試せるお米や肉は特産品として人気が高いようです。

 

⇒ 【ふるさと納税】農薬・化学合成肥料を使用していない有機JAS認定米

 

旅行チケットなどのサービスもありました。レストラン等で食事をすることができるグルメポイントを扱っているサイトもあります。

特に高額所得の人は金額が低めの特産品をいくつも選ぶより、旅行は数万以上の寄付が一度にでき、手間を省くことができるかと思います。

(私は高額所得者ではないので、物品で選ぼうと思いますが。)

 

⇒ 【ふるさと納税】犬と泊まれるペンション ワンヴィーノ ペア宿泊券 宮崎県 木城町

ふるさと納税の返戻品 どこから申し込めばいいの?

では、返礼品をどこから申し込めばいいのかというと、ふるさと納税を扱っているポータルサイトからできます。

 

ふるさと納税は、寄付する自治体と特産品を考えながら選び、ふるさと納税を扱っているポータルサイトからそのまま直接注文する形でできます。

普通にお買い物をする感覚ででき、インターネットで簡単に申し込みができます。

 

ただふるさと納税は普通のネットショッピングとは違う点もあり、申し込みをすると特産品と確定申告に必要な寄附を証明する書類(受領書)が発行され送られてきます。その後減税のための手続きも必要です。

ふるさと納税ができるポータルサイト 例

ふるさと納税のポータルサイトでは返礼品を扱っている自治体の情報を集めることができ、様々な「特典」を用意しているケースがあります。

どこにふるさと納税するかだけでなく、どのポータルサイト経由でふるさと納税するかということでもお得感が違ってきます。

 

多数あるポータルサイトの中からいくつかふるさと納税で取り扱っている返礼品やサービスなどを見させてもらいました。

その中で下記の「ふるさと納税」ポータルサイトは利用したいと思いました。

 

今年のふるさと納税の一回目をどのサイト経由で行うか、上記の中で決めました。ふるさと納税は寄付先が5箇所まで「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用できます。

私が今年、最初に利用することにしたポータルサイトは

「楽天ふるさと納税」です。

 

実際に申し込みをしてみたので申し込みの方法は別ページでお伝えしようと思いますが、なぜ「楽天ふるさと納税」を選んだのかも書いておきますね。

楽天ふるさと納税を選んだ理由

楽天市場をまったく利用していない人にはあまりメリットを感じないかもしれませんね。でも楽天市場で時々でもお買い物をする人には、楽天ふるさと納税はメリットが高いです。

 

まず、楽天市場の「ふるさと納税」では、ふるさと納税(寄付)をすることで寄付の金額に合わせてポイントが付きます。寄付したら税額控除されて、特産品に加えてポイントももらえるなんて嬉しいですよね。

ポイントは、寄付のタイミングを楽天のイベント(ポイントアップなど)に合わせると寄付額の10%以上を還元してもらうこともできます。

楽天市場での買い物に慣れているとわかりますが、お得過ぎて制度が成り立っているのか心配になるくらいです。ともかく寄付する側からみたらメリットが高いです。

 

⇒ 【楽天】ふるさと納税サイト

 

さらに「寄付」自体を、楽天市場で買い物をする感覚でできるというのも魅力です。楽天ポイントを利用して寄付ができるので、期間限定ポイントなどのあまった楽天ポイントを使うこともできるのです。

楽天ポイントを利用して寄付ができるのは、「楽天ふるさと納税」の一番のメリットだと思います。

私も、寄付は全額楽天ポイントで行いました。溜まった楽天ポイントで寄付をしても税金は控除され、返戻品を送ってもらうことができるのです。

 

また「楽天ふるさと納税額の管理ページ(マイページ)」では、納税額を管理することができます。納税上限額や複数の自治体へ寄付する場合の合計寄付額の管理などができるので便利です。

 

ふるさと納税を行うなら「楽天ふるさと納税ポータルサイト」を利用することが一番おすすめだと思います。

⇒ 【楽天】ふるさと納税サイト

 

楽天ふるさと納税ポータルサイトのメリットまとめ

・楽天市場の「ふるさと納税」では、ふるさと納税(寄付)をすることで寄付の金額に合わせてポイントが付く
・楽天市場の「ふるさと納税」では楽天ポイントを利用して寄付ができる
・マイページで上限額に合わせた納税額などを管理できる

ふるさと納税ができるポータルサイト

ふるさと納税ができるポータルサイトは他にも多数あります。たくさんありすぎてどこを選んだらよいか迷ってしまいそうになります。

ここでは楽天も含め、私も利用したいと思った主なポータルサイトを紹介しておきます。

 

⇒ 【楽天】ふるさと納税サイト

楽天ポイントが使え、寄付金額合わせたポイントも付きます

⇒ 【さとふる】ふるさと納税 

認知度No.1、返礼品の数も多いです。マイページが充実しています。

⇒ noma-style.com

ベビー・ファッション・フードドリンクなど、他とは変わった返礼品が豊富で、ありきたりな品に飽きた人もおすすめ。

⇒ 【ふるり】ふるさと納税

お礼の品以外にも、地域のプロジェクト・トピックスの発信に力を入れています。

 

 

サラリーマンでも、自営業でも、ある程度税金を払っていればふるさと納税を行うことで減税の対象になります。

私も最初は対象になると思っていませんでしたが、今年はふるさと納税でお礼の品ももらえて税金も少なくなりそうです。

 

自分の収入で納税額の上限はどのくらいかな?まずはシュミレーションしてみることおすすめします!

⇒ ふるさと納税の仕組みを知ってみた

⇒ ふるさと納税いくら寄付したらいい?税額計算シュミレーションしてみた

 

 

◆今日の記事がお役に立てたなら、応援クリックお願いしますm(_ _)m◆

  
  自分らしさ ブログランキングへ


◆フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!◆
 ⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。