ふるさと納税いくら寄付したらいい?税額計算シュミレーションしてみた

ふるさと納税は、仕組みのページでお伝えしたように、「納税」という言葉が使われていますが法律上は「寄附金」として取り扱われます。

確定申告などの手続きを行うことで税金が控除され、本来支払う税金から差し引かれます。寄附した金額から自己負担額の2,000円を除いた金額を所得税や住民税といった税金から控除できる、お得な制度です。

でもそもそも自分の所得で本当に節税効果があるのかわからないですよね。

いくら寄付すれば節税としての効果が高いのか、私自身も目安になる金額が知りたいと思いました。

ということで、ふるさと納税は、所得・家族構成に対していくら納税(寄付)したら節税効果が高いのか、税額計算してみました!

このページではふるさと納税の寄付金額計算(試算)するやり方をお伝えします。・・・と言っても、シュミレーターに入力してシュミレーションするだけなんですけどね。

全額控除されるふるさと納税額の目安はいくら?

ふるさと納税の寄附金額に上限はありませんが、税金の控除(住民税の減額・所得税の還付)を受けることができる金額には上限があります。

控除が受けられる上限額は控除金額シミュレーターを活用することで税額計算することができます。

総務省のふるさと納税ポータルサイトでも、『全額控除されるふるさと納税額(年間上限)の目安』を表で公開していますね。

引用:総務省ふるさと納税ポータルサイト

 

まずは自分の所得と家族構成に対しどのくらいの金額を寄付したらよいか「総務省 ふるさと納税ポータルサイト」でおおよその税額を計算し確認してみましょう!

⇒ 総務省 ふるさと納税ポータルサイト

 

又、ふるさと納税できるサイトでは、シュミレーションのサービスも行っています。所得や控除額をシュミレーターに記入するだけで全額控除されるふるさと納税額が計算できるので、計算してみましょう。

 

⇒ ふるさと納税シュミレーター(楽天)

⇒ ふるさと納税シュミレーター(さとふる)

 

※給与収入額・・・給与の総支給額になります。控除や税引きされる前の金額です。詳細シュミレーションは手元に源泉徴収票を用意してから記入するのがおすすめです。

 

簡単に所得を入力するだけでおおよその税額計算ができるシュミレーターは、ふるさと納税を考える上で、まず使ってみたいですね!

◆ふるさと納税の流れを再確認すると、金額を確認したら次に行いたいことは応援する自治体を選ぶことです。次の記事では、応援する自治体を選び、選んだ自治体にふるさと納税を行う方法(申し込み方法)をお伝えします!

 

◆今日の記事がお役に立てたなら、応援クリックお願いしますm(_ _)m◆

  
  自分らしさ ブログランキングへ


◆フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!◆
 ⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。