毛穴の目立つ人必見! 男性にもおすすめしたい 毛穴の汚れや皮脂を落とす泡洗顔

こんにちは。保湿成分たっぷりの泡洗顔が気持ち良くて、毛穴も気にならなくなった、さち( @yutta_rich )です。

 

前回の記事 シミを消すことはできる?泡洗顔でできるシミ予防と洗顔法 でも書かせていただいた、摩擦(刺激)によるシミ予防に効果的な泡洗顔の方法。

 

実は、摩擦によるシミ予防だけでなく毛穴の汚れにとても有効で、脂性肌の人や、女性はもちろん男性にこそオススメしたい美容法なんです。

洗面台

 

男性によくある毛穴の汚れや脂性肌の悩み。悩んでいる方も洗顔泡でさっぱりとした肌になれます。

今回は引き続き「泡洗顔」について書いてみます。

毛穴の汚れ本当に綺麗になる?脂性肌の方こそおすすめな泡洗顔

男性は女性より顔の皮脂が多いです。皮脂が多いということは、毛穴のつまりやニキビが出来やすいです。また男性は女性ほどスキンケアをしないことが多く、ニキビの原因になる菌が肌の上で繁殖しやすいです。

 

泡には すべらかな表面から汚れを吸い取って包み込むはたらき があります。細かなたっぷりの泡は肌に密着し、毛穴の汚れを浮き上がらせます。

 

洗顔泡は毛穴の汚れを取り除く効果が高く、肌のテカリを押さえ清潔にします。脂性肌の脂っぽさを押さえさっぱりさせる効果があるのです。

 


NHKのテレビ番組「ためしてがってん」でも、泡の力と洗顔泡の効果について放映されましたね。

⇒ 毛穴の目立つ人必見! 毛穴を目立たなくする最終ワザ(ためしてガッテン)


 

実際に半年実践してみたら、小鼻の毛穴が目立たなくなった友人もいます。

美のカリスマでもある?IKKOさんも以前「洗顔泡パック」を紹介していました。試してみる価値が十分ありますね!

泡洗顔のコツ やさしく洗顔、すばやい保湿

そもそも泡洗顔は、泡の吸着力を利用しています。力はほとんど必要ありません。 泡洗顔のコツは、泡を顔の上にのせたら優しく撫でるだけです。泡の吸着力で毛穴の汚れや皮脂を吸着するので、肌の脂っぽさを押さえ、毛穴を目立たなくする効果があります。

 

 絶対にゴシゴシ手でこすり過ぎてはいけません。

そしてその時間は30秒程度だと思ってください。

長い間、肌に泡をのせたままにしないことを意識します。

 

その後ぬるま湯で泡を丁寧にすすぎ洗いして、清潔なタオルで押さえるように水分を吸い取ります。この時もけしてタオルでゴシゴシこすらない でくださいね。

 

また、洗顔後は肌が乾燥しやすいです。保湿は洗顔後すぐに行います。

化粧水や乳液など、肌の状態に合わせてお使いになる ことをオススメします。

 

ではもっと詳しい泡洗顔の方法は?続けてお読みください。

 

毛穴が気になる脂性肌の方にもおすすめな泡洗顔の方法

 

毛穴の汚れと余分な皮脂を取り除く泡洗顔の方法

まず、ふわっふわモコモコ泡の作り方(ネット使用) を参考に、濃厚な泡を作ります。

・泡を作ったら、顔の上にのせます。
・鼻の穴の部分を避けて、泡を顔全体に伸ばします。
・力は入れず、モコモコの泡をすべらせるように手でのばします。
・小鼻などの毛穴汚れが気になる場合は、部分的にくるくるさせます。
・素早くたっぷりのぬるま湯で洗い流します。
・清潔なタオルで押さえるように水分を吸い取ります(ゴシゴシこすらない)。
・洗顔後すぐに肌に合わせた化粧水や乳液などで保湿します。

 

モコモコ泡の作り方

泡洗顔の方法 

 

泡洗顔の注意点3つ

1.何度も書いていますが、泡洗顔は顔に泡をのせて優しくクルクルするだけ。 ゴシゴシこする必要はありません。

2.泡洗顔の洗顔時間は30秒程度にしてください。

3.脂性肌の方も、泡洗顔後は肌がカサカサすることがあります。洗顔後は肌に合ったローションや乳液などで、肌に潤いを与えましょう

   泡洗顔のやり方

 

◆泡洗顔が肌によくないとか、泡洗顔は肌がつっぱるとか書かれてあるサイトなどが時々あります。それは元々超乾燥肌で、泡洗顔に向いていない肌質の方が行った場合や、泡を肌の上にのせている時間が長過ぎる、又は洗顔後の保湿を自分の肌に合う方法で行っていないことが原因である場合が多いです。

ご自分の肌や季節に合わせ、潤い成分が配合された良質な化粧水や乳液、美容液などで保湿してください。

※アンチエイジング効果の高い良質なスキンケア化粧品は こちら が参考になります。

また、普段から美容に気を使っている方はそれほど感じないかもしれませんが、普段あまり肌のお手入れをしていない(特に男性)がこの泡洗顔を行うと、肌の色がワントーン白くなったと感じることがあります。顔全体の黒ずみも解消されることがあるので、びっくりしないようにしてくださいね。

 

重要

泡洗顔をする際、必ず保湿成分が配合された石鹸を使ってください。

一般的にホテルの洗面所に備え付けの石鹸などは、洗浄力が強く汚れはよく落ちますが、このような石鹸は 泡洗顔に使うには皮脂をとる力(脱脂力)が強すぎます。

 

保湿成分が配合された石鹸としてオススメの一つが「どろあわわ」。

⇒ 保湿成分が配合された「どろあわわ

 

「どろあわわ」に使われているマリンシルト

以前沖縄出身の友人の自宅に遊びに行った時に使わせてもらった泥の洗顔料。

すっごく気持ちよくて肌がスベスベになって、その時の使い心地の良さを忘れられなくてまた使いたいと思っていたのです。

その時の洗顔料は「どろあわわ」ではなかったと思うのですが、ずっとまた使いたいと思い続けていたところ・・・。

 

その時の泥が沖縄産の古くから沖縄で使われてきたものを使ったものだということがわかりました。

なんと「どろあわわ」に使われている「マリンシルト」と言う泥と同じだったんです。どろあわわを使ってみたらその時の感触と同じ!

「どろあわわ」は毛穴もスッキリして、だけどしっとりして、使い心地に何とも言えない良さがあります。

「どろあわわ」、とても良いです。おすすめです(^^♪。

⇒ マリンシルト配合「どろあわわ」

 

どろあわわ

 

まとめ

  • 泡洗顔は、毛穴の汚れが気になる人、脂性肌の人、男性にもオススメ
  • 泡には「すべらかな表面から汚れを吸い取って包み込む」はたらきがある
  • 泡洗顔のコツは優しく洗顔すること、すぐに保湿もすること
  • 毛穴が気になる脂性肌の人におすすめな、くわしい泡洗顔の方法
  • 泡洗顔の注意点を改めて3つ

 

◆今日の記事がお役に立てたなら、応援クリックお願いしますm(_ _)m◆

  
  自分らしさ ブログランキングへ


◆フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!◆
 ⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。