アンドロイドスマートフォンの液晶が割れた!動かないスマホの操作方法

こんにちは。今日も猫に癒され、まったり中のいきものがかりさち( @yutta_rich  )です。

お正月そうそう、我が家ではちょっとしたハプニングが・・・。息子(次男)が今まで使っていた スマートフォンの、液晶が割れて使えなくなって しまったのです。

 

使っていたのは、Androidのスマートフォンの「AQUOSフォン」。年末に液晶を割ってしまい、なんとかそのまま数日使えていたものの、1月2日にとうとう使えなくなってしまいました。

 

友達との連絡方法はほとんどラインなので、次男はせっかくの冬休み、帰省中の友達と連絡を取り合うこともできなくなってしまう事態に。

ですが、 パソコンのマウスを使って動かなくなってしまったAndroidのスマートフォンを操作し、ラインで連絡できデータも無事復元 できました(^^♪。

猫とアダプター

今日は液晶が割れて操作できなくなってしまったスマートフォンの、「USB接続マウス」とのつなぎ方などについて書いてみます。

※液晶は割れてしまったけれど、本体自体が壊れてない場合に操作するやり方です。

液晶が割れ、壊れて動かなくなったAndroidフォンの状態

さて次男ですが、冬休みに、しばらく会っていない友人と会う約束をしているにもかかわらず、連絡方法はラインのみ(メールアドレスも電話番号もわからない)なので他に連絡方法がない状態です。

また、壊れて動かなくなったアンドロイドスマホの データ保存は他に何もしていませんでした。そこは今年成人式を迎えるとはいえまだまだ子供です。

スマホを買い替えるのは仕方ないとしても、困るのが 新しい機種が手元に来るまで友人との連絡が取れないこと、そして Androidに保存してあるデータがなくなってしまう ことです。このままでは音楽や画像などのデータもたくさん失ってしまいます・・・。

 

液晶が壊れたスマホの状態 を書いておきますと、

液晶はかなり細かく網目状に割れて しまっています。

液晶が割れたスマホ

スイッチを入れると電源がついて反応はする のですが、液晶にタッチしても反応する部分と反応しない部分があり、ロック解除もできないので通常の操作は不可能

スマートフォン本体の重要な部分、CPU?は壊れていなくて、液晶部分が割れてしまったため、操作だけが出来ない状態 です。

液晶が割れて動かなくなったスマートフォンでも操作や保存ができる?

液晶が割れて動かなくなったAndroidでも操作する方法やデータの保存方法がないか調べたところ、アンドロイド機種のみの方法になりますが、動かす方法がありました

 

簡単に書くと、アダプターでAndroidのスマートフォンに直接パソコン用のマウスを繋げる だけで操作できるようになります。マウスで操作すればスマホのデータをSDカードやクラウド上に保存もできます。

実際にマウスを繋げてみたら、瞬間につながり感動モノでした!

 

データ保存に必要なモノ

データ保存の際に必要なのは、USB(microB to A)変換アダプター というアタッチメント、そして、USB接続のマウス です。

DSC_1632

 

USB(microB to A)変換アダプターとスマホを繋げる方法

アダプターをスマートフォンにつなげる方法は、まず変換アダプターを、液晶が割れて操作できなくなったスマートフォンのmicroUSBスロットに取り付けます。

壊れたスマホ 操作

 

次にUSB接続のマウスの取り付けをします。

USB接続マウス

マウスはUSB接続タイプならどんなタイプでも認識するそうです。

下のロジクールのコードレスマウスも使っていますが、マウスに対応したUSBレシーバーをアダプターに挿すだけで自動で認識しました。

ロジクールマウスと接続

これだけでマウスを使ってAndroidスマートフォン操作ができるようになります。

このまま持ち歩いて電車の中などで操作をするのは恥ずかしくて無理ですが・・・、新しいスマートフォンを購入して手元に届くまで、息子も友達と連絡しあうことがとりあえずできるようになりました。

購入したアダプターはこれ USB変換アダプターのみ

今回データ保存(移動)のために購入したのは USB(microB to A)変換アダプター のみです。USB接続のマウスを持っていなければマウスも用意する必要があります。

アダプターは急ぐので近所のPCショップで購入しましたが、価格は1000円ほどでした。

アマゾンでは350~400円程度で購入できますので、もし同じように液晶が割れて操作できなくなって、マウス操作をしたい場合は、試してみる価値はあるかと思います。

iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK

USB(microB to A)変換アダプター

買い換えた新しいスマートフォンは iPhone6

さて代替のスマートフォンですが、今やスマートフォンがない生活は大学生にとってありえないですよね。どうせ買い替えるならと、 iPhoneのSIMフリー(白ロム) を購入することになりました。

学生はiPhone愛用者が多いので、息子もAndoroidからこの機会に変えたいのは仕方ないでしょう。

アイフォン6

ちなみにちょうどお年玉や成人の日のお祝いも入ったことなので、スマホ購入代は自分で支払いしてもらいました。アルバイトもしていますし、自分で壊したスマホの料金だもの、自分で出してねって感じです。

親が出してあげるほど我が家では甘やかしていません・・・厳しすぎる??

 

「iPhone 6S」と言いたいところなのでしょうが、「iPhone 6」を注文しました。とは言え息子のお年玉がほとんど消えたのは言うまでもありません・・・(T_T)。

iPhone6は Apple iPhone 6 16GB シルバー SIMフリー を、47,480円(税込)で購入 しています。  

⇒ Apple iPhone(アマゾン)

使い放題のSIMカード U-mobile(ユーモバイル)なら動画も音楽も大丈夫

注文後も新しいアイフォン(iPhone6のSIMフリーを注文)の到着までに、スマートフォンケースや保護シートなどのアクセサリー類、データ保存のた めの前述したアダプター、さらにSIMカードの種類が「micro sim」から「nano sim」になるので、SIMカードの交換などの準備ができました(^^♪。

 

SIMカードは以前から 「U-mobile(ユーモバイル)」 のSIMを使っています。

「U-mobile」なら月額 2730円(税抜き)で、スマートフォンが使い放題できます。

 

次男は動画や音楽などの大容量通信し放題ですから、この金額で高速LTE使い放題は助かっています。もうすぐ大学生の一人暮らしを始めますが、家のWifiを使わなくなっても、使い放題ができるので安心です。

※電話利用料は別料金ですが電話アプリを使用すれば通話料は半額、ライン電話を利用すれば通話料は無料です。

 U-mobile(ユーモバイル)の詳細 ⇒ http://umobile.jp/

 

通信費は今や家庭の支出を脅かすものですから、通信費の節約は『ゆったリッチらいふ』に欠かせません(^^ゞ。

壊れる前に今後対処しておきたいこと

グーグルドライブやドロップボックスなどを利用し普段から重要なデータは保存しておくと、急に壊れて操作ができなくなっても困らないですよね。

今回はスマホの基盤自体が壊れていないので保存できましたが、基盤が壊れてしまったら復活はまったくできません。

壊れる前に対処しておくように息子には伝えました。

私もパソコンが壊れても困らないように、大事なファイルはクラウド上に保存するようにしていますが、改めて保存しておくことの重要性を感じることができました。

 

◆今日の記事がお役に立てたなら、応援クリックお願いしますm(_ _)m◆

  
  自分らしさ ブログランキングへ


◆フェイスブックでもゆったリッチらいふの新着投稿をお知らせします!◆
 ⇒ 「いいね!」の方法はこちらから。